産後ダイエット

糖質制限ダイエットのデメリット。本当に一生続けられる?

ダイエットには糖質制限が効果的って聞くけど本当?

肉も卵も食べ放題で痩せられるなんて最高!

でも、そんなうまい話あるのかな?デメリットもあるんじゃないの?

という方へ。

糖質制限は、痩せます。

しかし、デメリットはあります。

私は万年ダイエッターで過去にありとあらゆるダイエットに挑戦しては失敗してきたので、
もちろん糖質制限ダイエットも経験済み。

経験から言えることは

糖質制限ダイエットにはデメリットもある。適度に取り入れよう。

ということ。

この記事では、糖質制限ダイエットのデメリットと、デメリットを知った上でどのようにダイエットに取り入れていったらいいのかご紹介します。

糖質制限ダイエットのデメリットって何?

ダイエットのためには糖質制限!

ってよく聞きますよね。

糖質制限ダイエットとは、炭水化物をはじめとする糖質を抜きその分タンパク質を多く取り痩せるというダイエットのこと。

みにまり
みにまり
即効性があるダイエット方法として、ダイエッターに根強い人気! 

あの有名なライザップの食事指導でも、糖質制限が使われています。

体重を減らすことに即効性があるダイエット方法と言われていますが、
実は、炭水化物を抜くことによる落とし穴もあるんです。

便秘になりやすい

糖質制限ダイエットは、確かに痩せます
タンパク質食べ放題で痩せるなんてすごく魅力的ですよね。

肉魚卵…満足感もあります。

ですが、糖質制限を始めると便秘になる人が多いんだとか。

糖質制限で便秘になるのはなぜ?
  • 便のかさを増やす食物繊維・レジスタントスターチが減るから
  • 取り過ぎたタンパク質が腸内で悪玉菌のエサになるから

ご飯やパンは食物繊維が豊富。

糖質の中には食物繊維と同じ働きをするレジスタントスターチという成分があり、
腸内環境を整え、便のかさを増やし便秘を解消するということも分かってきています。

太らない炭水化物?レジスタントスターチダイエットのやり方。炭水化物って美味しいですよね。 おにぎり、パン、スパゲッティ。 美味しいし手軽だし、とりあえず炭水化物食べてればお腹いっぱいになるし...

なので、糖質を減らしすぎると腸内環境が悪化し便秘になるので、結果的に痩せづらい体になってしまうのです。

みにまり
みにまり
私の場合、糖質制限ダイエットを始めると便秘になって、おならが臭くなる… 

確かにタンパク質は積極的にとるべき栄養素。
それに糖質に比べ、ちょっと食べ過ぎたくらいでは太りづらいです。

ですが過ぎたるは及ばざるが如し、という言葉もある通り、やはり食べ過ぎはダメです。

私のように食べるのが大好きな人間は

糖質制限=タンパク質なら食べ放題

と間違った脳内変換をしてしまい、

ちょっと食べ過ぎを通り越していくら何でも食べ過ぎレベルまで食べてしまう可能性があるので要注意。

腸内環境が悪くなるとおならが臭くなるだけでなくお肌にも良くないので、お肌を綺麗にしたい女性は特に気をつけましょう。

糖質制限で腸内環境が悪化すると、痩せづらい体になり肌も荒れる

食材費がかかる

糖質制限に本気で取り組むと、お金がかかります

ごはんでお腹を満たしていた分を肉や野菜を食べるんです。
チーズ、肉、魚…タンパク質系は高いです。

野菜も高いです。
糖質制限を本気で始めると、一食平均安く見積もっても200円以上は増えるでしょう。

200円としても、200円×3食×30日=18000

お米なら1ヶ月で2000円〜4000円程度です。

正直、家計を切り盛りする主婦としては

みにまり
みにまり
うん、米、食べようか 


ってなります。

本気の糖質制限は、お金がかかる

調理の手間がかかる

ご飯を食べない分おかずで空腹を満たすので、
おかずを1-2品はプラスすることになります。

そうすると、調理にも手間がかかります。

家事育児仕事で忙しくしてる中、毎食おかず1-2品増やすのは死活問題…!

糖質制限メニューは、自炊の手間が増える

短期間で体重が落ちるが、落ちているのは水分と筋肉

糖質制限をするとすぐに1kgくらい体重が落ちたりしますが、実はこれは水分。

糖質は水分を溜め込みやすいので、糖質を減らすことでむくみが減って水分が排出されて体重が減ります。

そしてそのまま糖質が体内に不足した状態が続くと、体は筋肉の中のグリコーゲンを分解し、体内に糖を補給します。

つまり、糖質制限をすればするほど筋肉が減り、代謝の悪い体になってしまうのです。

糖質制限で、代謝の悪い太りやすい体になる

糖質制限をやめるとリバウンドするかも

糖質制限をし続けて代謝が悪い体になっても、一生糖質制限を続けられるならリバウンドすることはありません。

ですが、糖質制限を、一生、続けられますか?

糖質制限で筋肉を減らしてしまった後に糖質制限を続けられなくなったら
リバウンドして増えるのは脂肪です。

ダイエットは生活習慣。
一生続けられる食習慣に改善していくことが大切なので
一生続けられるのかどうか、よく考えてみたほうがいいかもしれません。

リバウンドすると、減った筋肉の分脂肪が増える

心臓に負担がかかる

糖質制限を提唱していたの第一人者の方が突然死したという話はご存知ですか?

最近の研究では、糖質制限食は心臓に負担をかけるという報告も。

何事も、やり過ぎは良くない。
ダイエットに熱中するあまり健康を害しては元も子もありません。

糖質制限のデメリットを知って、適度にダイエットに取り入れよう

糖質制限は、短期間で痩せると言われていますがデメリットも多いダイエット。
デメリットを知った上で、適度にダイエットに取り入れてみるのがおすすめです。

糖質制限を適度にダイエットに取り入れてみる例
  • 朝昼は普通にご飯を食べて、夕食の糖質のみ少し減らしてみる。
  • 1食のご飯を2杯にしていた場合は1杯にして、その分おかずを増やしてみる。
  • お昼に糖質を食べ過ぎたなという日は、夜の糖質を減らしてみる。

自分にとって辛くならない程度に「ゆるく」ダイエットに取り入れてみると一生無理なく続けることができるはずです。

何事もやり過ぎは良くない。

「適度に」ってとても大事です。

糖質制限ダイエットのデメリットと上手に付き合って、健康にリバウンドしないダイエットを目指したいですね。