子供3人ママが産後ダイエットしながら色々やってみるブログ

しっかり食べて、お金をかけず、ゆるっと痩せる

「本当に自分に似合う髪型」の見つけ方。

f:id:mariminihabit:20190515100928j:image

先月、髪を切りました。

 

ブログのアイコンでは一本結びの私ですが、

今の髪型は、おかっぱです。

 

(おかっぱのおしゃれな表現が分からない。ボブなの?ミディアムなの?)

 

先日5歳の娘が

 

ママ、髪切って可愛い

 

って絶賛してくれて、改めて髪型の重要性を実感しました。

 

過去に髪型について書いた記事

www.mari-minihabit.com

 

そこで、この記事では

30代のごくごく一般の普通の主婦である私が考える

 

本当に自分に似合う髪型の見つけ方

 

を熱く語ります。

 

なんの実績もない主婦の、経験に基づいた結論。

(需要あるのか?)

 

お金をかけずに自分に似合う髪型を見つけたい方、

ぜひ、読んでみてください!

 

 

本当に自分に似合う髪型の見つけ方って?

私が出した結論は

 

過去の自分の写真を徹底的に分析する

 

です。

 

これに尽きます。

 

そんなナルシストみたいなこと…って思うかもしれませんが、

意外や意外、効果絶大です。

 

髪型情報誌見るよりも

顔型調べたりするよりも

 

確実に効果あります。

 

これまでに色んな髪型に挑戦してきてませんか?

 

この頃の自分はなかなか良かった

この頃の髪型は残念だった

 

誰しもに、あるはずです。

 

女優さんやモデルさんと比較してはいけません。

 

あくまで「自分比較」で、良かったか、悪かったか。

 

それを徹底的に分析しましょう。

 

長さは?

前髪は?

ストレート?パーマ?

 

年齢や体型が違っていたとしても、

髪型に関して「似合う形」というものは

案外変わらないと感じています。

 

自分に似合う髪型を知っているのは、自分だけ。

 

それを教えてくれるのは、過去の自分の写真

 

有名な美容師さんに

私に似合う髪型にしてください

とお願いするのではなく、

自分に似合う髪型は自分で見つけましょう

 

きっとその方が近道です。

 

体重を減らすより髪型を変える方が手っ取り早い

f:id:mariminihabit:20190515100345j:image

3kgやせるより、髪型を変える方がやせて見えるそうです。

 

美容雑誌やテレビ企画でよくある、

素人の「ダイエット企画」。

 

ビフォーとアフターで、髪型、違ってませんか?

 

ビフォーは、明らかにノーブローで、髪はぺしゃんこで、疲れた雰囲気。

 

アフターでは、しっかりセットされた髪型。

 

体重を減らすより髪型を変える方が手っ取り早く、効果がある!ということですね。

(ダイエットブログ運営者としてあるまじき発言…)

  

「似合う髪型」を知ることは、腕の良い美容師に勝る

どんなに有名な美容師さんだからって、

「似合わない髪型」を「似合う髪型」にすることは難しい…。

 

① 近所の美容室で切った「似合う髪型」

② 有名サロンの美容師が切った「似合わない髪型」

 

どっちが素敵に見えるでしょう?

 

私は、なんじゃないかなーと思っています。

 

過去には、1回数万する都心の美容室に通っていた時期もありましたが…。

似合わない髪型は、どんな有名な美容師さんが切っても、やっぱり似合わない。

 

人任せにするのではなく、「似合う髪型」は自分で分析すること。

すごく大事。

 

「本当に似合う髪型」に一番重要なのは、前髪

後ろの髪は多少失敗してもアレンジ次第でごまかせる。

 

けど、ごまかしが効かないのが前髪です。超重要です。

 

「自分に似合う」前髪も、過去の自分の写真から分析できます。

 

  • 長め
  • 斜め分け
  • ぱっつん
  • 短め

 

どの前髪が似合うのか。

 

「似合う」がわからないときは、「似合わない」前髪だけでも把握しておこう。

 

どんなに美容師さんにすすめられても、似合わない前髪には、絶対にしてはいけません。

 

ちなみに私は「厚めのぱっつん前髪」「短い前髪」は絶対似合わない鬼門。

 

過去に何度失敗したことか…

 

同じ失敗は、もう繰り返さない!

 

新しい髪型に冒険するときは

f:id:mariminihabit:20190515100645j:image

とは言っても、

 

もっと自分に似合う髪型があるかも!

 

とも思いますよね。

 

冒険も大切。

 

ですが、

「過去に失敗したことがある髪型」

に冒険しないように注意です。

 

切った後に、

 

そうだった、この長さは似合わないんだった…なんで忘れてたんだー!

 

って思ったことが何度もあるのは、私だけ?

 

こんな学習能力ないのは、私くらいですか?

 

同じ失敗を繰り返さないために、やっぱり「過去の自分の分析」は大切なんです。

 

過去の写真を見返して、この髪型最悪という髪型を、しっかり覚えておくこと。

 

冒険するなら、

過去の分析を徹底的に分析した上で

 

この形の髪型は試したことがない

 

という「初めて」の髪型を選ぼう。

 

そうすれば、自分に本当に似合う、思いがけない髪型に出会えるかも。

 

新しい髪型に挑戦したら失敗するかもしれないけれど、

それもまた自分にとって大切な、「失敗」というデータの一つ。

 

自分に似合わない髪型を知れてラッキーと思えばよし!

 

 

私は今、「セットが楽」を最重視した無難な髪型だけど 

子供がもう少し大きくなって、髪にかける時間ができたら

新しい髪型に冒険もしてみたいなぁ。

 

「本当に自分に似合う髪型」を見つけよう。まとめ

  • 過去の自分の写真を分析する
  • 似合う前髪、も要確認
  • 新しい髪型に冒険するときは、過去に同じ髪型で失敗したことがないか振り返ってみる

 

これまでに数々の失敗を繰り返してきて、たどり着いた結論でした。

 

美容師でもなんでもない普通の主婦の結論ですが、

どなたかのお役に立てれば嬉しいです。 

 

本当に自分に似合う髪型を見つけたい方におすすめしたい本

日本人女性の7割は髪型で損をしている

という言葉にドキっとした…。

 

日本初&唯一のヘアライター&エディターさんが書いたベストセラー。

おすすめです。