子供3人ママが産後ダイエットしながら色々やってみるブログ

しっかり食べて、お金をかけず、ゆるっと痩せる

5歳でひらがなが読めないって遅い?年長さんに向けてゆるくひらがなの勉強を始めてみた話。

我が家の娘は年中の5歳。

まだひらがながちゃんと読めません。

 

自分の名前はかろうじて読めるし書けるようになってきたけど、スラスラ読むのはまだまだ。

 

ひらがなは小学校に入ってから習うから焦る必要はない?

今はお勉強よりも遊びが大事!

 

という話もあるし焦る必要ないのかなーと思っていたけれど、ほんとにひらがなも読めず小学校に上がって良いものなのかな??

不安になってきました…。

 

それに、娘が幼稚園の友達からお手紙をもらうたびに、「自分は書けない」っていうことに劣等感を持ち始めた気が。

(いつもお返事書くときは私が教えながら)

 

これはいけない!

 

本人が「ひらがななんて興味ない、小学校からでいい」って言ってるならともかく、「ひらがなできるようになりたい」と思ってるんだから、どうにかしてあげなきゃ! 

 

 

娘がひらがなを読めない理由。ひらがな教育の負のループ。 

娘がひらがなが読めない原因は確実に私にあります。

 

年少さんからこどもちゃれんじを始めたものの、ワークをするよう毎日時間を取ってあげられていない。

(やっていないワークが溜まりまくり)

 

ひらがなを教えよう!と意気込み娘のお気に入りキャラ(ソフィア)のひらがなワークを買ったものの、私が「毎日やろう!」と娘に促すのを忘れる。

(5歳の子供に、親の声かけなしに毎日自主的に勉強させるなんて不可能ですよね…。)

 

 

① やる気になった時にいざワークを始める

② 娘が何度教えても読めない、書けないとイライラしてしまって、ついキツイ口調になってしまったりする。まだまともに書けないのに書き順とかまで指摘しちゃう。

③ 娘の機嫌が悪くなる。泣く。勉強が嫌になる。

④ まだ勉強は早かった…と諦めて、またやらなくなる(教えなくなる)

しばらく経って、焦ってまた①に戻る。

 

①〜④の負のループから抜け出せない。

 

考えてみて、たまにしか教えないくせに、確実に覚えさせよう

と意気込みすぎて、上手くいかず自滅していることに気づきました。

 

こんな勉強じゃ、娘も嫌になるに違いない…。

 

小さな習慣をひらがな教育に応用 

考えて、昨年末ごろから私が生活に取り入れている

小さな習慣

を教育にも取り入れてみることにしました。

 

「小さな習慣」とは

「絶対失敗し得ない」と感じるくらいハードルを下げることがポイントです。
 

 

やったかどうかカレンダーやスマホアプリでチェックしていくようにすると忘れません。

 

昨年から、この小さな習慣を使って、これまで続けられなかった「ストレッチ」「マッサージ」「トイレ掃除」などを毎日の習慣にすることができました。

 

「続ける」ことがとにかく苦手だった私にとって、これは快挙なのです。

 

目標を設定

もしかしたら同じような方法で、ひらがな教育にも応用できるかも!

 

そう思い、「ひらがなを教える」ことのハードルを極限まで下げて毎日の習慣にすることを目標としました。

 

今までは、ひらがなを勉強しよう!と思ったら、机に向かって、ワークと鉛筆を取り出して「がっつり勉強」スタイルを取っていました。

これが全く上手くいかなかったので、まだハードルが高いと判断。

 

そこで、毎日続けることとして

ひらがなクイズを出す

を続けてみることにしました。

毎日1個でも娘にひらがなに関する問いかけをできたらクリアとしました。

 

具体的な方法

まずは壁にひらがなのポスターを貼ります。

f:id:mariminihabit:20190214070308j:image

 

そして1日1回、どのタイミングでもいいから

「あ」はどーれだ!

とクイズを出します。

 

もしくは

この文字なーんだ、とひらがなを指差して、娘に答えさせます。

 

たとえ正解できなくても、一問でもクイズを出して娘に考えさせることができたらクリアとしました。

 

初めは「子供にひらがなを覚えさせる」というよりは、

子供にひらがなを覚えさせたいと思ってる

ということを自分自身に確認するような作業でした。

 

ひらがなクイズを出した時の娘の反応

ごくごく簡単なクイズなので、「やりたくないー」とか「嫌だ」とはなりませんでした。

クイズの答えを「分からない」と言われたら、ヒントをあげました。

 

私:「あ」はどーれだ?

娘:分かんない…

私:ありさんの…?

娘:あっ!ありの「あ」〜!(壁のポスターの「あ」を指差して答える)

 

これだけヒントを出したとしても、娘が答えられたら

正解〜!すごいね!

と大げさに褒めてあげるようにしました。

 

案外1問出すとノッてきて「もっとクイズ出して!」と言ってくることが多かったです。

 

やりすぎないことが続けるポイント

基本的には1日のひらがな勉強はこれでおしまいです。

 

少ない?

いやいや良いんです。少ないくらいで。

まずは毎日ひらがなに関して意識させることの習慣づけからなので、十分。

疲れたーとなるまでやってしまうと続けるのが嫌になるので、

「足りない」「もっとやりたい」

くらいで止めておきます。

 

ひらがなクイズを続けてみて変わったこと

今日で23日目。

3週間と少し経ちました。

 

ひらがなを読めるようになった

びっくりするくらい、読めるようになりました!

 

やったことは、毎日のひらがなクイズと、時々のかるたです。

座学で教えるのはやめて、遊びとしてひらがなに慣れされたことが功を奏したのかも。

まだ濁点や半濁点、小さい「や・ゆ・よ・つ」は難しいですが、そのほかの文字は以前と比べるとはるかに読めるようになりました!

 

時々本を音読してみようとしている姿も見られました。

(強制すると嫌がるので、自主性に任せてます)

 

勉強を嫌がらなくなった

ひらがなクイズやかるたなどの遊びを毎日するようになって2週間くらい経った頃。

調子のいい日は机に向かってしまじろう(こどもちゃれんじ )のワークもできるようになりました!

何ページもやると娘が疲れくるのが分かるので、1ページでもできれば花丸!ということにしてます。

 

娘が勉強を嫌がらなくなった、というよりは

私の「声かけ」や「教え方」が変わったんだと思います。

きっと前から娘はお勉強は嫌がっていなかった。

怖いママが嫌だったんです。ごめんね娘。

 

幼稚園でお手紙を書いてきてくれた

娘が幼稚園で私にお手紙を書いてきてくれました!

壁のひらがなポスターを見ながらでもなく、幼稚園で!

感動して泣きそうになりました。

f:id:mariminihabit:20190214070326j:image

 

英語を勉強したい!と言うようになった

しまじろうの英語がしたいそうです。

そのほか、スイミングもしたいんだとか。

 

今まで習い事とかに関して自ら「これがしたい」ということがなかった娘にすごい変化が起こりました。

 

ちょっと、びっくりです。

これもひらがなクイズによる変化…?

 

ひらがなを読めるようになって自信がついて、もっといろんなことに挑戦したい!って思えるようになったのかも。

 

こどもちゃれんじイングリッシュに関しては、しまじろうワークもまだ毎日出来ていないのにこれ以上増やして本当にできるのか…?(させることができるのか、私)

と不安なのでとりあえず保留にしています。

とりあえず毎日えいごであそぼを見る、ということから始めています。

しばらく続けてみて、本当に英語がやりたそうだったら、4月からこどもちゃれんじイングリッシュも受講してみようと思います。

 

習慣の管理はスマホアプリを使うと忘れない

私が使っているアプリは「継続」と「Habitify」。

「継続」の方は1つしか登録できないので、「一番習慣にしたいと思っている自分にとって難易度の高いこと」を「継続」に登録しています。(今はひらがなクイズ)

 

アプリは見やすい場所に配置 

アプリはスマホデスクトップの、毎日見るアプリを固めた「一軍」ページに配置します。

f:id:mariminihabit:20190213175155j:image

「継続」アプリの使い方

毎日のひらがなクイズ

達成前。

f:id:mariminihabit:20190213175306p:image

 

達成後。

タップすると毎日違ったコメントをくれます。

f:id:mariminihabit:20190213175310p:image

 

最後に

ずっとやりたいと思っていたのにできなかった「子供のひらがな教育」を、小さな習慣を使って継続することができました。

継続したことによって起こった娘の変化に、ただただ驚いています。

きっと子供だけじゃなく私も変わったのでしょう。

 

親の心がけ次第で子供っていくらでも変わるんだなぁ、と、

育児って面白いと思う反面責任が重くて怖いなぁとも思ったり。

 

とはいえ3児の母、責任が思いなんて泣き言言ってられない!

子供のために、私が変わって、いいお母さんになりたいです。

 

まだまだダメ母だけど、頑張るぞー。

 

 

読んでいただきありがとうございました!!