子供3人ママが産後ダイエットしながら色々やってみるブログ

しっかり食べて、お金をかけず、ゆるっと痩せる

食べるアクアビーズ?知育もできちゃうお菓子「にじいろつぶつぶランド」

我が家は週末パパがお仕事のことが多く、週末の時間を持て余し気味。

 

お昼ご飯食べたら公園行って、公園帰りにドラッグストアで子供たちの好きなおやつを買って帰って食べる

 

というコースが最近のお気に入りの休日の過ごし方。

 

ちなみに徒歩です。

(子供3人いると自転車は極力乗りたくない。乗るなら前後+おんぶという曲芸になります。)

 

休日なのに行動範囲狭すぎ(^^;)

 

だけど子供たちは案外楽しそうです。

 

基本的に公園から帰りたがらない子供達ですが、

おやつ買って帰るよ〜

と声をかけると

はーい!

とすんなり帰ってくれます。

 

先日娘が選んだおやつはクラシエの「にじいろつぶつぶランド」。

なんとこのお菓子、

混色実験(色を混ぜて新しい色を作ること)ができちゃいますよ〜!

 

科学教室よりも格安、絵の具よりもお手軽!

 

なかなかレベルの高い知育菓子でした。

 

とっても楽しかったので、ご紹介します(^^)

 

カラフルピース にじいろつぶつぶランド (クラシエ) 

カラフルでゆめかわいい、自分だけのオリジナルゼリーグミができる手作りお菓子です。

赤、青、黄の色の組み合わせで、好きな色のつぶつぶゼリーが作れます。

まるでビーズのようなつぶつぶが並ぶモチーフは、作る過程も出来上がりも楽しめます。

ソーダ味、グレープ味、パイン味の3種類の粒とソーダ味のグミが味わえます。

カラフルピース にじいろつぶつぶランド | 商品紹介 | クラシエ

 

 お値段は税抜き180円!

 

うちの娘、こういう「作る」系のお菓子が大好きです。

おやつとしてはちょっと割高ですが、手先を使うし知育にも良さそうなのでアリだなと思っています。

遊べてさらに食べられるなんて、おトクじゃないですか!

出来上がったら食べちゃうので、ものも増えません。笑

 

にじいろつぶつぶランドの作り方

作成開始!

説明書を読むのが私、手を動かすのが娘です!

 

ジュースを作る

まずは「ジュースの素」を水に溶かして、お花柄の容器の中に入れていきます。

f:id:mariminihabit:20190211095357j:plain
f:id:mariminihabit:20190211095402j:plain
f:id:mariminihabit:20190211095352j:plain

 

色水を作る

次に、いよいよ混色実験の始まりです。

色パウダー(食べても安心なやつです!)と水を混ぜて、色水を作ります。

f:id:mariminihabit:20190211095346j:plain
f:id:mariminihabit:20190211095340j:plain

青・赤・黄色の色水を作ったら、それぞれの色を混ぜた色を作っていきます。

 

+ =

+ 黄色 =

+ 黄色 = オレンジ

 

ですね!

答えを親が言ってはいけませんよ〜。

何色になると思う?

と質問して、子供に考えさせてみましょう(^^)

 

子供の脳みそはフル回転です!

 

予想してから混ぜてみると、色が変わって娘は大はしゃぎ!

子供って素直で可愛いなぁ。

 

こんな風に6色できました♪

色水を取るスポイトの洗いが足りないと汚い色になるので注意。

(まぁ失敗してもそれはそれで勉強かも)

f:id:mariminihabit:20190211095329j:plain

 

ビーズグミを作る

6色作った色水、これをスポイトにとって最初に作ったジュースの中に入れると…

ジュースの中で丸いビーズ状のグミができます!!!

f:id:mariminihabit:20190211095324j:plain
f:id:mariminihabit:20190211095318j:plain

 

なかなか感動しました。綺麗!

アルギン酸ナトリウム溶液塩化カルシウム溶液が混ざることでこういう現象になるそうです。

まさに科学実験。

 

全部のお花に満遍なく色を入れてしまいましたが、ほんとは「各エリアに一色」ずつ入れるみたいです。

私が説明書をよく読まなかったばっかりに…失敗した(^^;)ごめん娘。

↓正しい入れ方

f:id:mariminihabit:20190211095453j:plain

 

ビーズ状のグミを好きな形に並べていく

アクアビーズやアイロンビーズと同じ要領です^_^

うちは「各エリアに一色ずつ」を間違えてしまったため色別に並べるのがうまくできず。

全体的にカラフルに並べたようです。

これはこれで綺麗です!

f:id:mariminihabit:20190211095310j:plain

 

(ほんとはこういう風にできます。)

f:id:mariminihabit:20190211095449j:plain

 

最後の仕上げ!グミを作る

グミの粉を上からふりかけ、その上から最初に作ったジュースをスポイトでかけていきます。

かけすぎると固まらないので注意!

f:id:mariminihabit:20190211095303j:plain
f:id:mariminihabit:20190211095256j:plain

 

1分ほど待ってびっくり返すと… 

じゃじゃーん!

こんな感じのグミができました。

f:id:mariminihabit:20190211095249j:plain

 

うちの娘はこういうお菓子、いつも作るだけ作って食べません。(なんて贅沢な…)

なのでほとんど私が美味しくいただきました。笑

 

ラムネみたいな味です。

昔の作る系お菓子に比べたらだいぶ美味しくなったなぁと思います!

 

こんな時にオススメ! 

  • 雨の日、寒い日、暑い日など外出が億劫な時
  • 混色遊びがしたい時
  • 子供が退屈してる時

など、自宅で暇を持て余した時のためにでも、常備しておくといいかもしれません。

 

おやつ選びで子供の選択する力を養う!お金の勉強にも。

子供と一緒に買いに行って自分で選ばせてあげることで、

選択する力

も鍛えられて良いんじゃないかな〜と思ってます。

 

小さなことでも自分で選択する癖をつけると、自分で考えて、行動に責任が持てるようになるかも?

 

レジが空いていたらレジでのお会計を子供に任せるのも「お金の勉強」になりますね(^^)

スーパーは混んでいることが多いので、うちはいつも近所のドラッグストアでお買い物の練習をさせています。 

 

 

楽しいので、ぜひ子供と一緒に作ってみてください♪